お悩み・困ったとき

「もうムリ……」転職エージェントとの相性が合わないときの対処法

転職エージェントに登録して、担当者が決まったものの、相性が合わない担当者にあたることもあります。もし、担当者との相性が悪かった場合、どうすればよいでしょうか?

相性が合わないと感じるのはこんなとき

どんなときに、この担当者は合わない!と感じるのでしょうか。多く見られる例を整理してみました。

● 提案内容が自分の希望と的外れである

面談で自分の希望をじっくりすり合わせたはずなのに、伝わっていなかったのか、希望と違う求人が提案の中に多く混ざっている。たとえば、営業職は志望してないと伝えているのに、営業の求人を出されたり。多くの求人を出して取捨選択していく中で、より詳細に希望を絞り込んでいく過程を取る場合もあるので要検討ですが、的外れだなと感じる瞬間が続くようであれば、相性が合わないと判断しましょう。

● 高圧的である

これまでの経歴や転職への姿勢を、上から目線で否定されるなどです。厳しい中にも、次につながるアドバイスがあればよいのですが、フォローの無いダメ出しは実りがありません。

● 興味ない求人を強引にすすめられる

希望条件にはそこそこあっているものの、一度興味がないと伝えた求人をその後も繰り返しすすめられることがあります。人手不足で採用意欲がとても高い企業の案件なのかもしれませんが、あまりにも強引な場合は考え物です。

合わないと思ったら担当変更を依頼しよう

一度担当してもらったらずっと続けなくてはいけない、担当を変えるのは相手に失礼ではないか、などと考える必要はありません。どうしても合わないと思った場合は、担当者の変更を申し出ましょう。

本人に申し出るのが難しい場合は、問い合わせ窓口など経由で担当変更をお願いしましょう。また、その際には、こうした点が合わなかったというポイントを整理して伝えることが重要です。次の担当者をアサインする際の参考にしてもらいましょう。

複数掛け持ちで相性を見極めよう

担当者を変えてもらっても引き続き相性が合わないときや、小規模な転職エージェントなどで代わる担当者をアサインできないときは、思い切って別の転職エージェント会社を使いましょう。

おすすめするのは、転職エージェント会社を複数使って、掛け持ちすることです。複数を使うことで、比較する基準ができますし、何より相性が合わないというリスクの分散にもなります。

また、面談前に転職エージェントの相性をWEB上で見極めることができるサービスとして、「DIGROW」https://digrow.jp があります。WEBから匿名でリクエストを投げると提案が続々と届きますので、複数の転職エージェントの中から自分に一番合う担当を指名することができます。さらに、気になることがあれば、担当者にチャットで質問もできます。ぜひ利用してみてください

みなさんが、自分にぴったりだと思える転職エージェントに出会えるよう願っています。

【無料会員登録】提案・アドバイスをもらう

関連記事