転職エージェントの基本

超まとめ!転職エージェント面談に必要な持ち物や服装

転職エージェントとの面談がはじめてという方にとっては、わからないことや不安なことも多いと思います。今回は、転職エージェント面談の一般的な流れから、持ち物、服装、さらに面談場所などについて詳しく解説します。

転職エージェント面談の基本的な流れ

まず、転職エージェント面談における、一般的な流れをご紹介します。はじめて転職エージェントと面談するという方は、ここで頭に入れておいて、不安を解消しましょう。

【転職エージェント面談の流れ】

1. 転職エージェントの自己紹介、個人情報の取り扱い説明
    ↓
2. 経歴、キャリアの確認
    ↓
3.転職理由、希望条件のヒアリング
    ↓
4. マッチングする求人の紹介
    ↓
5. 応募候補企業の選定
    ↓
6. 今後のサポートについて確認

■1.転職エージェントの自己紹介、個人情報の取り扱い説明

まず、転職エージェント自身が自己紹介を行います。経歴、得意分野などについて紹介を受けます。
そして、今回の転職エージェントサービスにおける個人情報の取り扱いについて説明があります。一般的に、個人情報は適正に取り扱い、目的外の使用はしないという内容になります。転職エージェントによっては、説明を受けて確認した旨のサインが必要な場合もあります。

■2. 経歴、キャリアの確認

次はご自身の経歴やキャリアを説明する番です。WEBを通して職務経歴などをあらかじめ登録してある場合でも、簡単に口頭で説明できるようにしておきましょう。もちろん、印刷したものを見ながら説明しても構いません。

■3.転職理由、希望条件のヒアリング

経歴・キャリアを踏まえたうえで、今回、転職活動をする理由や希望条件について、じっくり話し合いましょう。採用面接の場ではないので、建前やきれいな理由にする必要はありません。できるだけ自己開示をして、ざっくばらんに話し合うことがコツです。特に、書類に書きづらい事由などがあれば、必ずこの場で話しておきましょう。

■4. マッチングする求人の紹介

以上を踏まえて、マッチしそうな求人がいくつか転職エージェントから紹介されます。希望条件や経歴等によって、どれくらいの求人を紹介されるかは変動しますが、求人を豊富に保有している大手の転職エージェントの場合、はじめにまとまった量の求人を提示して、そちらを取捨選択する過程を参考にして、さらに志向を絞りこむ傾向にあります。
紹介された求人の中に、まったく興味がない、遠慮したいというものがあれば、きちんと伝えましょう。

■5. 応募候補企業の選定

いくつか気になる求人が見つかったら、実際に応募する候補企業として検討していきます。求人情報に書かれていることだけでなく、求人企業の概要や、採用状況など、転職エージェントから詳しい情報をヒアリングしましょう。そのうえで、自分の決心がついたら、応募の意思を転職エージェントに伝えます。
残念ながら、紹介された中に気になる企業がなかった場合は、希望条件を少し変更するなどして、再度求人を探してもらいましょう。

■6. 今後のサポートについて確認

応募を決めた場合は、履歴書・職務経歴書など応募書類をどのように渡せばよいか、選考結果の連絡方法などについて確認しましょう。
その場で応募企業が見つからなかった場合は、今後の求人の紹介について確認しましょう。

以上が転職エージェント面談の一般的な流れです。面談に要する時間は、約1時間~2時間が目安です。

転職エージェント面談の持ち物や服装

■ 持ち物は何をもっていけばよい?

転職エージェントとの面談では、下記のものを持っていけばよいでしょう。

・筆記用具
・書類をきれいに保管するクリアファイル
・書類が入るカバン

また、転職エージェントとの事前のメールのやりとりで、別途持参を指定されているものがあれば、準備してください。

別途持参を指定されるものは
・履歴書
・職務経歴書
・印鑑

などが多いです。履歴書、職務経歴書は印刷して持参できる準備をしましょう。最近は、家にプリンターが無いという方も多いので、コンビニエンスストアのプリントサービスで印刷しておきましょう。

■ 服装はスーツが必須?

転職エージェントとの面談においては、スーツを着る必要はありません。
ただし、転職エージェントも人ですので、はじめて会った時には必ず第一印象をもつものです。悪い第一印象を与えてもよいことはひとつもありませんので、あまりにもだらしのない服装は避けましょう。スーツである必要はありませんのが、清潔感のある服装で臨むのがベストです。

■ 名刺も持って行った方がよい?

転職エージェントから別途指定されている場合を除いて、現職の名刺は持っていく必要はありません。転職エージェントとの連絡については、事前に登録した連絡先や職務経歴書に記載した連絡先で行い、現職の職場に連絡することは基本的にありせん。
なお、転職エージェントの担当者からは自己紹介時に名刺を渡されますので、大切に受け取りましょう。

転職エージェント面談の場所や日時

■面談の場所は?

基本的には、転職エージェントのオフィスで行われることが多いです。大手の転職エージェントですと、主要駅に近くわかりやすい大規模オフィスビルにあることが多いです。
中規模~小規模の転職エージェントですと、比較的小規模なビルが多いため、迷うことのないよう、事前に地図や道順を確認しておきましょう。
また、転職エージェントによっては、喫茶店、カフェ、シェアオフィスで面談を行う場合があります。

■昼間でないとダメ?土日にできない?

現職で勤務しながら転職活動をする人が多いので、定時が終わった夕方の時間も面談に対応している転職エージェントが多いです。しかし、深夜まで対応しているわけではなく、遅くても20時前後というのが一般的なので、夕方に面談がある日は残業せずサッと仕事を切り上げる段取りが必須です。
また、多くの転職エージェントで土日にも面談対応していますので、平日は仕事で忙し過ぎるという方も大丈夫です。

■電話とかでも大丈夫?

遠隔地に住んでいる方や、仕事が激務でなかなか面談に行くチャンスがないという方は、電話面談やSkype面談に対応している転職エージェントも多いので、一度相談してみましょう。
電話面談・Skype面談の際は、声が聞き取りにくいことのないよう、自宅などの静かで電波状況、ネット環境のよい場所を確保しましょう。

転職エージェント面談で気になるこんなこと

■面談に遅刻しそう、面談キャンセルしたい

転職エージェントは慈善事業ではなく、ビジネスとして活動しています。みなさんもお仕事でお客様とアポイントを取って訪問する際、遅れそうなときや急な都合でキャンセルせざるを得ないときは、必ず連絡をすると思います。
転職エージェントとの面談もビジネスと考えて、遅刻やキャンセルの際は、メールや電話で必ず連絡するようにしてください。

■面談後のお礼は必要?

転職エージェントへの面談後のお礼は基本的に不要です。転職エージェントは有料職業紹介というビジネスで面談を行っています。ですので、転職希望者が納得のいく転職を決めてもらうことこそが、何よりもの喜びです。
どうしても感謝を伝えたいという場合は、メール程度にしておきましょう。また、その際に面談時に伝え忘れたことがあれば補足しておくとよいでしょう。

転職エージェント面談を有効活用しよう

転職活動の中において、転職エージェントと面談する機会は、実はそう多くありません。
その少ない機会を有効活用できるよう、できるだけ事前準備をして収穫の多い面談にしましょう。

【無料会員登録】提案・アドバイスをもらう

関連記事

転職エージェントの基本
これで万全!失敗しない転職エージェントの選び方
転職活動をするにあたって、転職エージェントを使ってみたいのだけど、数が多すぎてどう選んだらよいかわからない!と思ったことはありませんか?電車内の広告で見たところなら安心? とりあえず大手? 選ぶ基準はどこに置けばよいでしょうか。今回は、転職エージェントを選ぶための決め手をご紹介します。
転職エージェントの基本
ハローワークとどう違う?転職エージェント利用のススメ
転職活動をはじめようとしたとき、真っ先に頭に浮かぶものの一つに「ハローワーク」があります。一方、「転職エージェント」を使った方がよいという声もよく聞かれます。実は「ハローワーク」と「転職エージェント」は、それぞれまったく仕組みが異なる転職支援サービスになります。ここで両者の仕組みの違いを理解して、ぜひ転職エージェントも、みなさん...
転職エージェントの基本
転職サイトと転職エージェントはどう違う?わかりやすく解説します
転職を考えた時、まず転職サイトに登録するという方は多いのではないでしょうか。また、転職エージェントを使うとよいという声も聞かれます。果たして自分の場合はどちらを使えばよいのか? ここで、両者の違いを整理して、自分のスタイルに合った活用法をおさえていきましょう。
転職エージェントの基本
ホントに無料?転職エージェントを使った時の料金
転職を考えはじめたときに、転職エージェントをすすめられることがあるでしょう。転職エージェントをはじめて使うという方も、安心して登録していただけるように、料金について解説していきます。実は、転職エージェントは無料で利用できるのです。
転職エージェントの基本
一発早わかり!転職エージェントを使うメリットvsデメリット
転職エージェントを使おうと考えている方は、いきなり登録する前に、果たしてどんなメリットがあるか、デメリットもあるかを把握したうえで検討してみましょう。また、転職のスタイルによって、転職エージェントを使った方がよい場合とそうでない場合がありますので、ご自身の場合はどうか、確かめてみましょう。